ジョニイの無目的室

目的なく、ただつらつらと。

首のない影

昔話といえば、
勧善懲悪、
説教くさい、
子どもだましという
イメージがわりと一般的ではないだろうか。

でも昔話の本をいろいろと読んでみると、
実はそうでもない。
勧善懲悪とか教訓譚みたいな話は、
明治以降に教育目的で学校教科書に掲載されたり、絵本になったりして、
そういう話ばかりが採用されただけで、
昔話は「桃太郎」や「笠地蔵」みたいな
話ばかりではない。

そもそも昔話というもの自体が、
一部の話を除いては、
道徳観念を問題にしたり配慮したもの
ではない。


たとえば、
「首のない影」というお話。

昔あるところに、
一人の男が妾を囲っていて、
毎晩三味線を抱えて通っていました。

ある二十三夜の夜、
妾の元へ向かう道すがら、
灯のついた家を見つけ、
中を覗いてみると、
老夫婦が二十三夜待ちをしていたので、
今夜は女のところへは行かず、
ここで連れ遊びをすることにしました。
明け方にその家から帰っていくと、
田んぼの水面に映る自分の影に
首がない。

男は驚いて老夫婦の元へ戻って
その話をすると、その二人は、
「よくぞ戻ってきましたね。わたしたちはあなたが戻るのを待っていた。もし戻ってこなければ、あなたの命はなかった」
と言って、弓と矢を渡しました。
「これであなたの一番大事なものを射ちなさい。
そうすればあなたの命は助かります」と言われた男は、
自分の一番大事なものを考えた。
馬かな、犬かな、
いや、やっぱり一番妻が大事だ。
男は家に帰り、
長櫃(ながびつ)にもたれて
編み物をする妻めがけて矢を放ちました。
矢は妻の胸を射抜き、後ろの長櫃(ながびつ)まで貫いた。
長櫃の中には、妻の間男が隠れていて、妻とともに死んでしまった。
妻と間男は共謀して、夫がめかけの家から帰ってきたら、ナタで首を切るつもりだったというわけです。
男は間一髪のところで助かりました。


というお話だが、
一般的に知られる昔話とは、
またひと味違った印象の話だ。


水面に映る影に首がなかったり、
謎の老夫婦のお告げや、
大事なものを射つと命が助かる弓矢など、
昔話に出てきそうな超現実的な要素が
盛りだくさんだが、
登場人物の設定がちょっと違う。

主人公には妾がいて、
その妻には間男がいる。
これはよくある昔話ではなかなか
お目にかからない設定だ。

この話を聞いて、
「浮気はよくない」程度の感想しか
もてないとしたら、モッタイナイ。

子どもの場合ならば、
主人公の命が助かったことを素直に
喜ぶかもしれないし、
弓矢というガジェットに興奮する男児
いるかもしれない。
大人の場合なら、
男女の一筋縄ではいかない皮肉と悲哀に
切ない味わいを発見できるかもしれないし、
自分に重ね合わせて複雑な感慨に浸る人だって
いるかもしれない。

その前にまず、
昔話を何か難しく考えて、
意味を見つけ出すために聞く必要はないし、
そもそも昔話は直感的に味わうものだ。
子どもだったら、自分の中になんとなく
そのお話の世界観やイメージが残って、
ことあるごとに反芻してみたりするかも
しれない。
その場合はもはや話の筋すらどうでもいい。

この話を
勧善懲悪とか教訓譚として捉えるならば、
主人公を共謀して殺そうとした
妻と間男をやっつけてめでたしめでたし、
とか、
浮気してはいけません、
共謀して夫を殺そうとしてはいけません、
などというとてもつまらない
結論にたどり着くだろう。

そうなれば教育的にも、
不貞や殺人要素もちゃんと
それはいけませんというメッセージに
繋がっているので、道徳観念的にもOK!
みたいな言い訳や逃げ口上にも
なるかもしれない。
(いや無理だ)

このお話がおもしろいのは、
妾遊びをしている主人公の男が
何が一番大事かと問われ、
一応妻という答えを出す。
(馬か犬かとで迷う場面は笑うところだ)
一方で妻はというと、
夫の妾遊びが許せないのか、
間男に惚れているのか、
ただただ夫が嫌いなのかは不明だが、
間男と夫を殺す算段をしている。
夫は遊び人風情だが、
妻は殺人を企てる程度にはマジだ。
その完全なすれ違い、
わかり合えなさもさることながら、
夫は自分の命を守るために一番大事な妻を射た結果、命は助かるが、
妻に間男がいたことや、
妻が間男と共謀し夫殺害計画を企てていた事実を知ることとなる。
老夫婦の進言通り、一番大事なものを射つことで、自分の命は助かった。
しかし同時に一番大事なものを最も嫌な型で失うハメにもなった。

このどうしようもなさ。
良かったとか悪かったとかどちらとも
言えない割りきれない感じ。
これこそが世界だ。
勧善懲悪なんて、実際にはない。
完全な善も、完全な悪もないからだ。

昔話が伝えているのは、
勧善懲悪でも道徳観念でもない。
世界はそういうもんだという
身も蓋もない事実。

勧善懲悪や道徳では割りきれないもの、
単純に決めることができないけれど、
たしかにあるもの、
それを寓話という嘘話に盛り込んで、
食べづらいものを食べやすく伝えているのでは
ないだろうか。

得体の知れない話を
得体の知れないまま出す。
それこそが昔話の潔さであり、
おもしろさであり、
だからこそ、
自分とは無縁と思われる昔々の作り話が、
動物たちが騙しあったりする嘘話が、
自分とダイレクトに関係ある
この世の本当のこととして
スッと自分の中に入ってくるのかもしれない。